子供専用の英会話教材を利用して勉強をする

インターネットを利用して教育機関の情報を入手する

英会話を中心にする

英会話に徹することができるか

いよいよ小学校の英語教育が教科化され、成績がつくようになります。これまでは週に1度や月に1度などにとどまっていた小学校での英語教育ですが、本格導入されることにより、英語が話せる日本人が多く育つかが注目です。日本は長年英語教育をやってきている割には、英会話の習得が不得意です。根本的な原因は大学入試にあると思います。大学入試で英語を課すのではなく、英会話を試験に加えればいいだけの話です。そうすれば文法内容だけをつめこむような、今の英語教育から変わっていくこととなるでしょう。読める・書けるの英語から、聞ける・話せるにシフトチェンジする絶好の機会なのです。小学校の英語教育が、単語を覚えさせることに時間を費やすのではなく、英会話を中心に展開できるかが重要です。

英語が話せると職業選択の幅が広がる

小学校から英会話教育を重点的に行うと、英語が話せる人が今よりは増えていくと思われます。日本国内においては日本語が話せれば十分なのですが、世界に目を向けると母国語と英語を話せる国は少なくありません。日本もその仲間入りするには相当期間がかかると思いますが、少なくとも英語が話せれば、できる仕事の選択肢が増えることは間違いありません。外国人観光客も多く増えてきており、ホテルなどでもフロント以外に英語が話せるスタッフがいると重宝します。英語の弁論大会に出場するのが目標だとか、英語でディベートができるようになるのを目標とするわけではありませんが、外国人と英会話ができるレベルまでにはしたいところです。海外で活躍するスポーツ選手なども英会話は当たり前のようにできる時代になってきていますから、国民全体の英語力の底上げをしたいところです。

Copyright © 2015 子供専用の英会話教材を利用して勉強をする All Rights Reserved.